無料ブログはココログ

リンク集

« リフレ派というBad Loser | トップページ | コンビニドーナツの居場所は? »

2016年10月25日 (火)

「非常識」を常識だと言い張るバカ

出張先で読んだ北海道新聞に「壁を越えろ 企業進出の現実 ①通用しない「常識」」なる特集記事があった。
記事では、東南アジアに進出した北海道内の飲食企業が現地で直面した“雇用上のハプニング”が紹介されている。

・「内装業者は“必ず”工期を守らない」(タイのIT会社)
・「有給休暇や病欠の取得が頻繁で、当日朝に申告される」(ベトナムの日本料理店)
・「早朝に現地スタッフから、『今日から新しい職場へ行くので、もう働けません』というメールが届き愕然とした』(シンガポールの和食・惣菜店)
・「遅刻したスタッフに理由を聞くと、『眠たかったから仕方ない』と開き直られた」、「お客さんがいるのに、従業員が疲れたと言って店内の床に座り込む」(シンガポールの和食店)
・「現地従業員に皿洗いを命じると、契約書に書いてないからと断られたので、仕方なく日本人責任者が皿洗いをせざるを得なかった」(シンガポールの豚丼店)
・「秘書にコピーを頼んだら断られた」(大手企業)
等々、自己主張の強い現地スタッフに翻弄される日本企業の苦労話が綴られている。

だが、東南アジアだけでなく、中国や欧米でも、こうした海外特有の契約社会(というよりも、“日本特有の非契約社会”という方が適切かも…)や労働者意識の違いは、早くから指摘されており、十数年以上も前から失敗事例も数多く報告されている。

にもかかわらず、いまさら、現地スタッフの意識と日本のいい加減な労働慣行との齟齬に頭を抱えていること自体、驚くべき認識不足であり、単なる準備不足だと詰られても仕方ない。
彼らは、多額の費用を掛けて海外進出を検討する際に、なぜ基本的な情報収集を怠ったのだろうか?

海外進出という経営者としての勲章に目が眩み、あるいは、TPP推進論者の連中が吐く「力強い成長が期待されるアジア市場」とやらに釣られてつまらぬ欲をかいたツケとして、粛々と受け容れるほかあるまい。

記事では、奔放かつ合理的な東南アジア人への対応策として、
・南国気質の東南アジア人は、のんびりしていて本当に自由だ。会社に縛られ過ぎている日本人の方が考え直すべき
・有給や医療休暇など労働者の権利を守るのは契約社会の東南アジアでは当然のこと。日系企業の都合を押し付けずに、現地人との信頼関係を築くべき
と提言している。

これが日本なら、業界トップの広告会社が、東大出の新人に月100時間以上(実態はこの倍以上だろう)も残業させたり、みっともないパワハラを加えたりした上に、自殺するまで扱き使っても平気な顔でいるくせに、外国人相手には随分甘い対応で済ませるものだと呆れ果てるよりほかない。

記事で紹介された企業の責任者たちは、現地スタッフの“おイタ”には困惑や苦笑いで済まそうとしている。
しかし、恐らく、日本人スタッフが同じように、「今日は眠いので有給取ります」とメールで連絡し、「企画書作成業務は分掌外なのでお断りします」なんて拒否ったなら、たちまち大声で怒声を浴びせて罵倒し、どこかの居酒屋チェーンの会長みたいに従業員を人間のクズ呼ばわりしかねない。

同朋たる日本人には冷酷な暴君になり得るのに、なぜか、塩対応の外国人には、やんちゃな愛猫が仕出かしたイタズラの後始末を自ら買って出る始末だから情けない。

国の内外でこのような差別的とも言える労働慣習が罷り通っていることに強い憤りを覚える。
“東南アジアは契約社会だから“というレベルの低い言い訳は通用しない。
日本国内にもれっきとした労働法規や雇用契約が存在しており、労働慣行の曖昧さにかまけて、サービス残業やパワハラ行為、業務分掌外の業務の押し付け行為などの契約違反が罷り通ると思っているのなら大間違いだ。

東南アジアであれ、日本国内であれ、労働法規は順守されるべきものであり、“サービス残業がないと会社は成り立たないよ”なんて不届きな言い訳をするつもりなら、今すぐ経営者を辞任すべきだ。
基本的な遵法意識すら持てぬような企業には、そもそも事業を営む資格などない。
労働法規を守る気もないバカ者は、従業員など雇わずに、自分一人で行商でもしておればよい。

「有給や医療休暇など労働者の権利を守るのは契約社会の東南アジアでは当然のこと。日系企業の都合を押し付けずに、現地人との信頼関係を築くべき」なんてセリフは、先ず、日本人労働者にこそ用いるべきだし、「会社に縛られ過ぎている日本人の方が考え直すべき」なんて他人事のように悟っている場合ではない。
“遵法や人権よりもノルマ達成が優先”という悪しき慣習に縛られている自分の石頭こそアップデートすべきだろう。

« リフレ派というBad Loser | トップページ | コンビニドーナツの居場所は? »

コメント

結局、日本も儒教文化、それも遺伝子に刻み込まれているようなレベル。さらに、下は黙って、上に従えという教育で人権感は徹底的に破壊されます。学校よりも、家庭における、両親の教育の方が遥かに危険なケースも多いようです。

≫千手観音さん

御指摘のとおりですね。

問題なのは、厳しい儒教の規律を同胞にしか向けようとせず、面倒な態度を取る外国人相手には、別の顔を見せる点です。
まったく浅ましい連中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436015/68110710

この記事へのトラックバック一覧です: 「非常識」を常識だと言い張るバカ:

« リフレ派というBad Loser | トップページ | コンビニドーナツの居場所は? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31