無料ブログはココログ

リンク集

« 息苦しい酸素不足社会 | トップページ | 家計簿脳の弊害 »

2017年10月 9日 (月)

問題児が座れるほど議員のイスは多くない

『説明責任の美名に隠れてリンチが行われる』(9/19 BLOGOS 小林よしのり)
http://blogos.com/article/247012/
 
「(略)そもそもわしは豊田氏の罵声の音声はもう飽きたし、元秘書とのパワハラ疑惑に関しては、当事者間の決着しかないだろうと突き放して見ている。
豊田氏が議員を続けたければ、選挙で国民に判断してもらえばいいだけのことで、文藝春秋に手記を書いても、記者会見しても意味はない。
人々は「記者会見しろ」とか「説明責任を果たせ」とか言うが、その本心は「もっとリンチがしたい」というだけのものである。(略)
わしは、パワハラは犯罪に近いと思っているが、豊田氏くらいのパワハラをやっている議員は他にもいるだろう。(略)
パワハラ・セクハラを許してはならないという空気は作っていく必要はあるが、豊田氏個人に対する糾弾は、そのような啓蒙の域を超えていて、単なるリンチである。(略)
民主主義は病いを抱え込んでいる。」
 
小林氏は世論への逆張りがお好きなようで、政策秘書に対するキチガイじみたなパワハラ問題で一躍悪名を轟かせた豊田真由子や、顧問弁護士との不倫騒動で大恥をかいた山尾志桜里を盛んに擁護しているが、彼の論旨は無茶苦茶で、あまりにも身勝手な依怙贔屓が過ぎるためか、周囲から冷笑を買っている。
 
件の問題児たちは、反省やお詫びなど何処吹く風といった図々しさで、何れも議員辞職を拒否し今回の衆院選に出馬するほどの強心臓ぶりを発揮している。
 
一般的な国民感情や感覚からすれば、素行の悪い馬鹿コンビの出馬など端から言語道断なのだが、広い世間には、小林氏みたいな声だけがやたらとデカい変わり者がおり、どさくさに紛れて一般常識のバーを下げようとするから始末が悪い。
 
今回のように、国会議員のパワハラ問題や不倫騒動が起きると、「パワハラなんて、多かれ少なかれ、議員なら誰でもやっている」とか、「不倫云々と政治家の仕事とは切り離すべき。政治家は結果さえ出せば何をやっても構わない」などと、訳知り顔で問題児を擁護したがるバカが現れる。
 
世論の逆張りでheelの肩を持とうとする救いがたいバカ者は、国会議員たる者に課せられた職責の重みをまったく理解せず、自分の好き嫌いだけで愚論を述べているに過ぎない。
 
衆議院のHPには、国会議員について、次のように説明されている。
『国会議員は、主権者である国民の信託を受け、全国民を代表して国政の審議に当たる重要な職責を担っています。この職責を果たすため、国会議員の地位には、一定の身分保障が与えられており、法律の定める場合を除いては、国会の会期中は逮捕されず、また、議院で行った演説、討論または表決について、院外で責任を問われません。』
 
何かと問題視される多額の議員報酬や政務活動費、議員会館内の事務室貸与、秘書経費の国費負担、JRや航空機の無料券などといった優遇措置が与えられ、将来的に叙勲の対象になるのも職責の重みゆえの特権だろう。
よって、その見返りに、一般の職業人より高い責任や倫理観を求められるのは子供でも解る当然の理屈だ。(※実際には、一般人未満の責任感や倫理観しかない糞蠅だらけだが…)
 
そもそも、小林氏みたいに、問題児を処断するに当たっての善悪の判断基準を一般人並みに引き下げること自体が間違っており、一般企業とて、度を越したパワハラや不倫発覚はケースによって首切りの対象になることを知っておくべきだ。
 
「豊田氏くらいのパワハラをやっている議員は他にもいる」、「政治は結果だ。政治家の私生活なんてどうでもいい。不倫どうこうよりも待機児童問題を早く何とかして欲しい」なんて薄呆けた屁理屈で問題政治家を擁護する愚か者には、いますぐ公民権を返上しろと言っておく。

だいたい、まともな結果を出せる政治家なんてどこを探しても見当たらぬし、結果さえ出せば倫理や常識を踏み躙っても構わないなんて甘えが許されるはずもない。
 
我が国には1億2千万人もの国民がいるが、国会議員の座に就ける者はたったの700人余りと、わずか0.0006%でしかないのだ。
それほど貴重な役職に、わざわざ、素行不良で頭のおかしな連中を座らせておく余裕も理屈も必要性も無いことを、小林氏はよく噛みしめるべきだろう。
 
“病”を抱え込んでいるのは民主主義云々ではなく、子供でも解る常識を、屁理屈と詭弁を以って挑発する小林氏みたいな“逆張り魔”の方ではないか。

« 息苦しい酸素不足社会 | トップページ | 家計簿脳の弊害 »

コメント

仕事の出来る議員と前提を置けば自民公明辺りだと思う、が。
負の仕事も出来てしまうから議員その物の資質が問題になる。
何を持って資質に対する信用と為すのか?
まぁ実績積むしかないのだが、地域担当の議員の詳細なんて生活していて目に入ることはまず無い。
だから何をやらかしたのかの纏めサイトとか凄い役に立つんだよね(^^;
そのうちAIアプリとかで方針と政策突っ込むとお勧め議員とか出る様になるんだろうか。

≫774さん

国民所得すら十分に上げられていないのに、仕事をした気になっているバカ議員はゴミ箱行きでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436015/71755293

この記事へのトラックバック一覧です: 問題児が座れるほど議員のイスは多くない:

« 息苦しい酸素不足社会 | トップページ | 家計簿脳の弊害 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31