無料ブログはココログ

リンク集

« 経済学の名を貶めるクズ | トップページ | カネを惜しんで、衰退を厭わず »

2018年3月20日 (火)

醜態を晒す自民党のクズ議員

『<森友文書改ざん>「安倍政権窮地へ意図的に変な答弁では」』(3/19 毎日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000057-mai-pol

「19日の参院予算委員会で、自民党の和田政宗氏が財務省の太田充理財局長を攻撃し、太田氏が気色ばんで反論する場面があった。(略)
 和田氏は19日の同委で「まさかとは思いますけど、太田理財局長は民主党政権時代に野田総理(佳彦前首相)の秘書官も務めていて『増税派』だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないですか」と「質問」した。
 和田氏が話す間、太田氏は頭を激しく振り続け、答弁の際には顔が紅潮して怒りを隠せない様子。「私は公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えすることが仕事なので、それを言われるとさすがにいくらなんでも、そんなつもりは全くありません。それはいくらなんでも、それはいくらなんでも…ご容赦ください」と声を震わせた。(略)」

再炎上した森友問題を巡る安倍政権や自民党の連中の狼狽ぶりは、まことに無様で見苦しく、まるで民主党末期を彷彿とさせる。

和田氏の幼稚な質問は、誰が見ても一連の責任を財務省だけに擦り付けようとする気マンマンで、サプライズ質問を浴びせられた太田局長も、「国会の場で、これほど露骨でレベルの低い責任転嫁発言をするのか!?」と呆気にとられた様子だったし、重度の自民党信者もさすがに気色の悪い思いを抱いたのではないか。

筆者は、森友問題が安倍政権・自民党・財務省トリオによる共作である以上、「主犯は○○だ!」とどこか一つにターゲットを絞って攻撃するつもりはない。
安倍首相を退陣させれば済む話ではないし、財務省の責任をおっ被せて済む話でもない。

多数の議席に驕り政治を壟断する薄汚い自民党議員、与党と結託して緊縮増税路線を強行しようとする財務省のいずれも厳しく処断すべきだし、安倍政権&自民党VS財務省という対立構図の中で、緊縮派と構造改革派の総本山たる両者が、互いに噛み合い、傷つけ合うのは大歓迎だ。

火の粉を被りたくない政権と自民党が財務省に責任を擦り付け、それを契機に両者の内輪揉めがエスカレートするのは非常に愉快だが、あまりにも露骨な和田氏の責任転嫁発言に、百年の恋も冷めた安倍信者や自民党信者も多いだろう。


それにしても、和田氏による「太田局長は増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないか」との財務省陰謀説には失笑を禁じ得なかった。

和田氏には、「お前やお前が所属する党、安倍首相をはじめとする現政権の面々こそ、紛れもない『超増税派』だろ? 増税派の財務省が、超増税派の政権を潰す必要なんてどこにあるの?」と突っ込んでおきたい。

そもそも、政権が人事権を一手に握る官僚に潰されることを恐れるなんて、自らの無能ぶりを吐露するようなものだが、そんなことを堂々と公言して恥ずかしくないのか?

だいたい、民主党政権を圧倒した当時の安倍首相は、消費増税の三党合意など容易に破棄できる立場にあったのに、敢えて民主党政権の増税路線に乗っかり増税を強行しただけでなく、あまつさえ10%への再増税の道筋さえ付けてしまったではないか?
これのどこが反増税派なのか、具体的に説明してもらいたい。

和田氏は、自身のオフィシャルブログで、地盤である宮城県の震災復興への取り組みを盛んにアピールしているが、安倍首相や自党の不始末のケツ拭きを財務省に押し付けるような卑怯な真似をしておいて、被災地の選挙民に顔向けできるのか?

だが、醜態を晒した自民党議員は和田政宗だけではない。

参院予算委員会の公聴会で、公述人として過労死防止を訴えた過労死遺族に「お話を聞いていると、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえる」と発言し、遺族の猛抗議を受けて謝罪に追い込まれた渡辺美樹。(ワタミ出身のクズ)

前川喜平・前文部科学事務次官が名古屋市立中学で講演したのに腹を立てて文科省に圧力をかけた池田佳隆と赤池誠章。

ここ一週間余りで、肝っ玉の小さい小役人みたいなサラリーマン議員が、次々と不祥事を惹き起こし、自民党議員のレベルの低さを露呈している。

いくら野党の連中が学級崩壊レベルの無能揃いとはいえ、頭のおかしいパワハラ議員や、金正恩の親衛隊紛いの思想監視員を当選させた選挙区民の責任も重い。


今回の森友問題の深層には、籠池サイドから安倍首相をはじめとする与党議員へ汚いカネが流れた疑いが拭い切れず、マスコミの連中は『政治家の圧力』、『政権に対する忖度』だけで満足せず、贈収賄の糸口を摑むまで頑張ってもらいたい。
忖度問題が政治とカネの問題に発展してこそ、安倍政権・自民党・財務省という「緊縮バカの枢軸」を破滅に追い込むチャンスにつながるのだから。

« 経済学の名を貶めるクズ | トップページ | カネを惜しんで、衰退を厭わず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436015/73141608

この記事へのトラックバック一覧です: 醜態を晒す自民党のクズ議員:

« 経済学の名を貶めるクズ | トップページ | カネを惜しんで、衰退を厭わず »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30