無料ブログはココログ

リンク集

« 賃金が上がらない原因は? | トップページ | 真のニーズに応えよ »

2019年3月25日 (月)

リフレ堕ち

筆者のように積極財政を訴える者にしろ、真反対の立場にいる緊縮主義者(反国民主義者)の連中にしろ、何かしらの論を張るにあたっては、まず、「目指すべき社会体制」があり、それを実現するために「選択すべき経済政策」を訴え、政策を補完するための「経済論・経済理論」を説明する、という工程を経るものだ。

さしずめ筆者なら、『豊かで成長力に満ちた社会、誰もが“明日は今日より豊かになれる”と信じることができる社会』を目指し、『国富である生産力や技術力の強化』を図るため、『聖域なきバラマキ』により国民や企業の所得や収益を増やして需要力を高める、といったところか。

“目標・目的を明確にし、それを実現するために適切な論建てはどうあるべきか、どういう手段を選択すべきか”を冷静に判断すべきで、常にゴールから逆算する思考プロセスが大切なのだ。

だが、論者の中には、沸騰する議論の波に呑まれたのか、果たすべき目的や目指すべきゴールをすっかり見失い、手段の正否に拘泥する輩も多い。

典型的なのは、“経済”という言葉に込められた経世済民の思想を蔑ろにし、PB黒字化や財政収支にばかり気を取られ、国民に重税を課し、社保負担を際限なく引き上げようと鬼の形相で躍起になる緊縮派のバカどもや、「リフレーション(経済再膨張)」に伴う経済成長という目的を忘れ、物価指標の動向にばかり気を取られているリフレ派の連中だろう。

ただ、最近、経世済民を目指し積極財政を訴えてきた論者の中にも、リフレ派と同じように『目的健忘症や手段強迫性障害』を患う者、つまり「リフレ堕ち」する者が散見されるのは本当に残念だ。

経世済民の理想を何処かに置き忘れ、怒気を含んだ目を吊り上げ、「貨幣は負債だ(# ゚Д゚)♭」と、(根拠ゼロの空想論や書生論の類いでしかない)貨幣負債論の正当性をひたすらがなり立てる様を見せられるのは、なんとも居たたまれない気分だ。

これが、かつて、経世済民の実現を目標とする積極財政の重要性を、冷静沈着な態度で訴えていた者のなれの果てかと思うと、もの悲しいとしか言いようがない。

自らの誤りを認めるのは決して恥ずかしいことではないのだが、威勢よく振り上げた拳の下しどころを見つけられないのだろう。

何よりガッカリさせられたのは、「積極財政の先駆者たる●●さんも貨幣負債論を支持しているぞ! ●●さんも、貨幣負債論を含むMMTを否定するのは『地球人では不可能』と断言したっ! 貨幣負債論を認められない輩は、人間以外の生命体なのか?」という趣旨の、あまりにレベルの低い妄言を吐く輩がいることだ。

貨幣負債論(というゴミくず論)を愛する気持ちから出た妄言ゆえ、それを否定する者に荒っぽい言葉を吐くのは十分理解できる。
筆者も同じように、政策目標を異にする緊縮派やリフレ派の馬鹿どもを口汚く罵ってきたから、他人のことをとやかく言えない。

ただ、著名な学者や有名人の名前を裏付けのない妄言の権威づけに利用しようとする輩の、あまりにも軽薄かつ薄汚い態度と根性の無さを見るにつけ、本当に情けない思いがするし、かつて切れ味鋭い論説で経世済民を訴えていた者が、かくも堕ちてしまうものかと愕然とさせられる。

彼が有名人の名を利用するに至ったのは、貨幣負債論に対する激しい批判や厳しい質問に対して何ら具体的に回答することができず、繰り返し飛んでくる批判や質問の雨から青息吐息で逃れるためなんだろうが、どれだけ追い詰められたとしても、最後まで自分の頭で考え、自分の言葉で語り、自分なりの誠実な態度で応えてほしかった。

・目的(経世済民)よりも手段(貨幣負債論)に異様なこだわりを見せる
・手段の正当性を訴えるためなら詭弁も厭わない
・自分に都合のよい結論(貨幣は負債、異論は認めぬ(# ゚Д゚))から議論をスタートさせる
・手段の正否に対する質問にはまともに答えず、質問で返す
・都合の悪い指摘はスルー
・論争相手の鋭い反論には「教科書を読め!」で反撃
・日本にはMMTに関する教科書が存在しないと言いながら、なぜか「教科書を読め」を連呼
・自分が反論できない時は学者や著名人の言葉を印籠代わりに使う
・言葉の定義を一般人には意味不明な解釈に変え正当性を主張する
・望ましい政策ではなく現実を語る理論云々と責任逃れとしか思えぬ言い訳をする
・結局、貨幣が負債であるという具体的な証拠を何ひとつ提示できない

貨幣負債論を騙りたがる者の態度は上記の通りだが、はて? こうした輩を前にもどこかで見たことがあるぞと思っていたら…、やっぱりリフレ派だった。

「リフレ堕ち」した者を何とか治癒する手立てはないものか…、本当に悩ましい。

« 賃金が上がらない原因は? | トップページ | 真のニーズに応えよ »

コメント

○○さんの言った「地球人には不可能」って
新自由主義に支配下にある人間=地球人=バカという○○流の皮肉かと思いました
日本人でも人間でもなく「地球人」って単語に最大の侮蔑が籠っている


単に私自身が新自由主義に染まった人間を国境を否定する人間=地球人と嫌悪しているだけなんでしょうが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 賃金が上がらない原因は? | トップページ | 真のニーズに応えよ »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31